戻る

異形状品加工

メニュー
異形状でも加工方法を変更してコスト改善
異形状、精度あり、数量多い場合のコストダウン方法
対応方法:
通常は鋳物化、ロスト化を考えますが、加工箇所の多い場合にはこれは余りメリットがありませんですね。その場合にはメタルインジェクション法(金属粉末射出成形法)が解決の一つの方法となります。
これは精密鋳造では湯口の取りのぞきや平面加工・研磨等、多くの加工を必要とするが、この加工方法では素材で面祖度と精度を確保する事が出来、更に加工を必要としない為にコストダウン効果も多く期待が出来ます。
問題点:形状、大きさに制限があります。基本的に小指大の大きさが最適となっています。

当社へ電話
このURLをメールで送る

メールでの問い合わせはこちら迄

ホーム

PAGE TOP

Copyright (c) Funaks Engineering.2013.