戻る

品質過剰改善

メニュー
品質過剰を考慮した加工方法でコスト改善
ベアリングブラケット、シャフト、ベアリングのユニットですが、シャフトのベアリング挿入部の公差を加工業差が維持出来ないことが多いと言うことで、苦肉の策で真ん中を太くしてて組み込みやすくしています。
加工外注に対して技能教育、品質教育をおこなうことで真ん中を太くすることは必要なくなり、ストレートのシャフト形状で良くなります。その結果、組み込み工数も変わらず加工工数削減が出来てコストダウンと成ります。

寸法公差、表面処理の外観検査、塗装の外観検査等の設定によって不良率は全然違ってきますね。仕様に基づいた寸法値、公差、表面処理の指示(外観、膜厚等)、塗装の外観指示も必要な品質に応じた内容にとどめておく事が最適な品質、価格を作りだしてくれる物と解釈しています。

当社へ電話
このURLをメールで送る

メールでの問い合わせはこちら迄

ホーム

PAGE TOP

Copyright (c) Funaks Engineering.2013.